大仁田の弟子、保坂秀樹が大腸がん公表…12・27応援興行に師匠も全面バックアップ

保坂秀樹
保坂秀樹

 フリーのプロレスラー・保坂秀樹(48)が、大腸がんと肝臓がんであることを公表し、その応援大会が12月27日に東京・新木場1stRINGで開催されることが決まった。

 元参院議員でプロレスラーの大仁田厚(62)の弟子である保坂は、8月18日の大日本プロレス・大阪すみのえ舞昆ホール大会の後に、体調の異変を感じ、9月13日に緊急入院。検査の結果、医師から大腸がんステージ4で、肝臓にもがんが転移していることを告知された。10月15日に手術を受けたが、腹膜炎を発症し、同24日に再手術した。

 現在、病状は快方に向かっているが、今後、再び手術を受けなければならない可能性があり、入院生活は長期化する見込み。飲食を禁じられている状況で、かつて110キロほどあった体重は、61キロまで減っているという。

 この保坂の苦境にプロレスリングA-TEAMが発起人となり、12月27日に東京・新木場1stRINGで、応援興行「がんばれ“弁慶”!負けるな、保坂秀樹!!」の開催が決まった。

 同大会は、同団体の所属選手である佐瀬昌宏が経営するMC興業株式会社が会場使用料を全額負担する形で行われ、出場全選手、スタッフはノーギャラで参加。先着300人限定の興行となり、観戦を希望する来場者には、“見舞金”として、2000円をお願いする。受付には記帳台を設け(匿名も可)、会場内には保坂宛にメッセージを書いてもらうための色紙が用意される。ファン及び参加選手から集めた見舞金は全額、保坂に治療費として渡される。

 現段階で決まっている参加選手は、橋本友彦、HASEGAWAらのA-TEAM所属選手、及び同団体にレギュラー参戦中の有志の選手、そして師匠・大仁田も全面バックアップする。今後、“友情参戦”してくれる選手を募り、全6試合程度を予定している。

 大仁田は「A-TEAMが企画してくれて、ボクもできるかぎりの協力をしたいと思ってます。保坂選手とボクとの間には長い歴史があります。こんなことになって、正直驚いていますが、1日でも早く回復してくれることを祈ってます。プロレスファンの皆さん、保坂選手のために、足を運んでくださるようよろしくお願いします」と話し、HASEGAWAは「保坂さんには1日でも早くよくなってもらって、リングに帰ってきてほしい。プロレスラーはギブアップしないと思うので、闘い抜いて戻ってきてくれるのを待ってます」とコメントしている。

格闘技

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請