御嶽海、流血しながら白星先行…大関取りへ巻き返し

明生を寄り切りで下すも顔から流血する御嶽海(カメラ・石田 順平)
明生を寄り切りで下すも顔から流血する御嶽海(カメラ・石田 順平)

 ◆大相撲九州場所3日日(12日・福岡国際センター)

 東関脇・御嶽海(26)=出羽海=が、西前頭2枚目・明生(24)=立浪=を寄り切って2勝1敗とし白星を先行させた。

 頭で当たって右を差した御嶽海は、そのまま一気に寄り切った。取組後、右まぶたから流血し、右目の上をタオルで押さえて自ら止血した。

 秋場所を12勝で制し、名古屋場所から通算22勝を挙げている御嶽海。大関昇進目安となる「三役で直近3場所33勝」までは、あと10勝となっている。

取組結果

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請