玉川徹氏、「桜を見る会」に招待される条件に「僕は透けては見えますけどね」

テレビ朝日
テレビ朝日

 12日放送のテレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜・前8時)では、例年4月に新宿御苑で行われている「桜を見る会」に安倍晋三首相の後援会関係者が約850人が招待されるなど、野党が税金の私物化と批判を強めていることを特集した。

 桜を見る会は例年4月に新宿御苑で行われ、食事など費用は全て税金で支出されている。参加人数は年々増え今年は1万8000人が招待され、予算の3倍以上となる約5500万円が支出された。

 コメンテーターで同局の玉川徹氏(56)は「この際だから、俺もお誘いが来たけど行なかったという人が、次々と名乗り上げたら面白いね」と提案し「少なくとも千原ジュニアさんは断った事を前に言ってますもんね」とコメント。

 「一体どういう目的でそういう人たちに招待状を出しているのか。僕は透けては見えますけどね」とした上で、「まさに功労者を総理という日本の代表が桜を見ながら慰労するという趣旨で始まってますよ、1950年代は。それがいつの間にか変質して、現政権を擁護するような人、支えるような人たちをさらにもり立てて、政権を支える人を増やそうと」と語った。

 「例えば有名人はそういう風に使われるんだろうし。ツイッターとかでつぶやいている人は、基本的には背後にネトウヨとかいるわけで、こういう人たちは“安倍内閣こそが日本だ”みたいな事を考えてる人だから。そういう人たちに対して、こういう事を言ってると呼ばれて、桜を見ながら総理と一緒に歓談もできますよと、象徴として使われてるような所が透けて見えてますよね」と見解を示した。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請