【ソフトバンク】平石コーチ、就任会見「考えることはあったが覚悟決めた」

ソフトバンクの新コーチに就任した平石打撃兼野手総合コーチ(右。左は三笠GM)
ソフトバンクの新コーチに就任した平石打撃兼野手総合コーチ(右。左は三笠GM)

 ソフトバンクの打撃兼野手総合コーチに就任した前楽天監督の平石洋介氏(39)が11日、秋季キャンプ地の宮崎市内で就任会見に臨んだ。監督経験者が退任直後に他球団でコーチを務める異例の転身。「熱心に誘っていただいた。正直、考えることはあったが、トライしようと思った。覚悟を持って決断しているので(楽天ファンも)ご理解いただければ」と、就任までの心境の揺れを明かした。

 チームは野手の高齢化が進み、若手野手も伸び悩んでいる。「ポスト内川」「ポスト松田宣」の育成が急務。平石コーチは合流初日からさっそく「悩んでいる表情に映った」と、真砂に左腕の使い方を指導するなど精力的に動いた。「日頃の動きや、何げないしぐさを見ることも大事。腹を割って付き合える関係を作りたい」。三笠GMは「野手陣の強化が必要。積極的に指導してもらいたい」と期待した。

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請