【巨人】石井琢朗野手総合コーチ「一番重要」なのは走塁!自ら実演、チーム変える

自ら走って走塁の手本を見せる石井琢朗1軍野手総合コーチ(カメラ・泉 貫太)
自ら走って走塁の手本を見せる石井琢朗1軍野手総合コーチ(カメラ・泉 貫太)

 巨人に新たに加入した1軍の石井琢朗野手総合コーチ(49)。自身にとっても初となる「総合」格として、秋季宮崎キャンプでは実演を交えながら走攻守の指導にあたり、特に走塁面を重視している。その理由、目指すコーチ像などを語った。(取材・構成=小林 圭太)

 石井コーチは、幼少期に憧れていた伝統ある球団からの打診に背筋が伸びた。うれしさと同時に重圧を背負う覚悟を決めた。

 「どこかにジャイアンツっていったら特別という思いがやっぱり残っている。打診を受けたときはやっぱり、今まで以上にと言いますか、不安やプレッシャーを覚えました」

 これまで「内野守備・走塁」「打撃」など専門的な枠組みの中でコーチを務めた。だが今回は走攻守、野手の全てを担当する「野手総合コーチ」だ。

 「打つ方も守る方も、全般的に見られるのは、魅力的というか、やりがいがあります。初めてなので、すごく興味は湧きました」

 昨季はヤクルトで打撃コーチを務めた。広島コーチ時代も含め「外から見た巨人」の印象は。

 「豪快さが変わってきたかな、と。昔は1~9番みんなホームランバッターというような印象はありました。今はスタメンオーダーを見ると違う。原監督の戦術を相手にしながら『ここでこれをしてくるか』というのを感じていました」

 だからこそ、攻撃において最も重きを置くのが走塁面だ。ジャイアンツ球場で行われた秋季練習では、相手の隙を突いて「単打で一塁から3つ先の塁を狙う意識」の重要性を説いた。宮崎秋季キャンプでは、二塁ベースを直角に回るランニングなどを指導している。

 「(打撃や守備は)練習の量も多い。走塁は地味だけれども一番重要。走塁一つで流れを変えるっていうくらいですから、やっぱりおろそかにすると、チーム力は上がらない。走塁は意図的に相手を動かせる戦法の一つだと思っています」

 肩書が「打撃コーチ」だったころも、走塁も含めてどう得点を取っていくのかを大事にしてきたという。

 「走者がいれば投手は、けん制しないといけない、クイックしないといけない、と考える。投手が自分のペースで投げられているわけではない。走者が動けば、守備陣営も動く。打つ方からしたら、必然的にヒットゾーンが広がる。そういうことができるのが走塁」

 打撃練習のバリエーションも豊富だ。秋季キャンプでは第1クールの練習が行われた5日間は毎日異なる練習法を導入した。ゴム製のチューブやソフトボール、さまざまなアイテムを使用し、新たな風を吹かせた。スキルアップや引き出しを増やすという理由の他に、コーチ自身も選手の特徴を知るという目的があった。

 「初めてなので、どういう選手がいるのか分からない。同じ練習をさせる中で、見て、この選手はどういうタイプなのかな、と。性格なども含めてですけど、動きを見ながら、一通り選手のことが分かればいいなと思いました」

 初めての練習を行う際には必ず先頭に立って選手の前で実演して見せる。年の離れた選手も多いなか、大切にしていることは何か。

 「先入観を持って接するのも嫌なので、見たまんま、思ったまんまを口に出してと言うところだけです。実演? 体が動くうちは、できることは見せるのが一番早いなと思っているので」

 チームは5年ぶりのリーグ優勝を果たしたが、日本シリーズではソフトバンクに4連敗。日本一を逃した悔しさを分かち合い、新たな風を吹かせる。

 「悔しさをみんな味わっていると思うので、そこを僕自身もしっかりくみ取って反省、課題を少しでも一つずつクリア、克服していけるように。責任を持ってみんなと一緒に戦っていければいいなと思います」

 ◆取材後記

 穏やかな表情の中にも、石井コーチの燃えたぎる闘志を感じた。話し出したら止まらず、一つ一つの言葉には力がこもっていた。

 熱心で丁寧な指導の原点は、野球人生を大きく変えた現役4年目からの野手転向にあるという。「アマチュア時代にいろいろ教えてもらって野手でプロに入ったわけではない。転向した際に多くのコーチに付きっきりで指導を受けた。そこで、コーチはそういうものだ、というのが芽生えた。ゼロから野手として構築していったのが今の僕の原点」。日々、新たな練習方法を導入し、野手陣からは「このメニューが何のための練習なのか、何に生きるのかを説明してくれるので分かりやすい」との声が上がる。

 広島時代に鈴木誠也を、ヤクルト時代に村上宗隆を球界屈指の強打者へと育てた名コーチ。若きG戦士たちを成熟させる手腕に期待したい。

 ◆石井 琢朗(いしい・たくろう)1970年8月25日、栃木・佐野市生まれ。49歳。足利工2年時、夏の甲子園に投手として出場。88年ドラフト外で大洋(現DeNA)に入団。投手としては通算1勝4敗、91年オフに内野手転向。98年に最多安打と盗塁王でチームを38年ぶりの日本一に導いた。2009年から広島。12年に現役を引退し、広島、ヤクルトでコーチを務めた。174センチ、78キロ。右投左打。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請