嵐、39時間地球3分の1周アジア4都市“弾丸行脚”現地ファンに感謝伝えた

専用ジェットでアジアを周遊した嵐
専用ジェットでアジアを周遊した嵐

 人気グループ・嵐が9日夜から11日にかけて、プライベートジェットでアジア4都市を巡る“弾丸行脚”を行った。インドネシア・ジャカルタ、シンガポール、タイ・バンコク、台湾・台北で記者会見を行い、これまでの活動を支えてくれた現地ファンに感謝を伝えるとともにデジタル配信の解禁など今後の活動を報告した。総移動距離は約1万2982キロと、ほぼ地球3分の1周分。来年の活動休止を前に、各地で熱狂を巻き起こした。(畑中 祐司)

 約39時間の“旅”を終えた5人の表情は充実そのものだ。最後は空港に詰めかけた台北ファン1500人の歓声と悲鳴を背に、帰国の途に就いた。松本潤(36)は「4都市それぞれ熱烈な歓迎に驚いた。想像以上でした」と声を弾ませた。専用ジェットでの移動とはいえ、5人の体に蓄積していたであろう疲労は吹き飛んでいた。

 丸1日で3都市を巡る史上初の試みとなった06年以来、13年ぶり2度目の「JET STORM」。二宮和也(36)が特に「感動」と振り返ったのは、幕開けとなった未踏のジャカルタ。白バイ先導で向かったホテルは、早朝5時半(現地時間)からホテル周辺に1700人が殺到した。

 各会見場に入れたのは現地メディア(4都市286社)とファン各50人だけ。それでも、バンコクでは隣接ホールに2000人が集結するなど、各地で起きた「A・RA・SHI」の大合唱は5人の胸を打った。

 「興行」は一切行わず、ただ現地ファンに感謝を伝え、3日に東京で開いた会見でも発表した今後の活動を報告したアジア訪問。総費用は非公表ながら、1日でバンコク、台北、ソウルを巡った13年前の総額1億円を大幅に上回るとみられる“太っ腹行脚”。松本は「僕たちは期限が決まっている。だからこそできるチャレンジがある」と分刻みのスケジュールで足を運んだ。

 各地の会見は、いずれも1時間に満たなかった。シンガポール滞在はわずか3時間。39時間の大部分の時間は、地球3分の1周分に相当する移動で占めた。それでもファンにとってはかけがえのない時間となった。5人にとっても同様で、全員が現地の言葉を織り交ぜながら感謝を伝えた。

 今回の「JET―」を含め、SNSとデジタル解禁などは、1月の活動休止発表前から温めてきたもの。相葉雅紀(36)は「直接会えたのが一番。直接肌で感じられたのが大きかった」と、かみしめた。松本は「ようやく動き出したなと実感できている」と前を向く。期限があるからこそ、今まで以上に大きな助走で来年末に向かおうとしている。

 ◆松潤「楽しめた」

 5人は帰国から休む間もなく、12日以降にレギュラー番組と年末年始特番の収録を経て、14~16日に5大ドームツアーの札幌ドーム公演と多忙な日々が待ち受ける。松本は「前回の経験があるからかもしれないけど、前回より楽しめた。自分たちがやりたくてやらせてもらっている。大変でも、時間を掛けて本来やるべきことを一気に詰め込んでやらせてもらっているので感謝しかないですね」と、かみしめた。

 ◆5人が搭乗した「A6―RJX」 ボーイングビジネスジェット(BBJ)737―700IGW。アラブ首長国連邦アブダビにある同国政府の航空機利用を担当するロイヤルジェット社が所有するものをチャーター。各国の大統領や政府高官の利用も多く、王族や映画スターなども利用。全長34メートル、定員30人(28席、ソファ席、1ベッドルーム)。今回のフライトでは約20人が搭乗。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請