ゆきぽよ、番組取材中に腹膜炎発症で緊急搬送…腹膜炎発症で余命32年の診断

ゆきぽよ
ゆきぽよ

 モデルのゆきぽよ(23)が11日放送のTBS系「名医のTHE太鼓判! 秋の芸能人の余命宣告3時間SP」(月曜・後7時)に出演。取材中に緊急搬送されていたことが明らかになった。

 同番組の取材を受けている最中に前夜からの腹痛を訴えたゆきぽよ。番組出演の医師の診察を受けると、血液検査で白血球などの数値に異常が見られたため、規模の大きな病院へ救急搬送。腹膜炎と診断された。手術が必要な場合もあるが、今回は抗生剤の点滴で良くなったと説明された。

 番組内での診断結果は余命32年。寿命55歳と判断され、女性の平均87歳には、ほど遠い年齢だったことが明かされた。原因としてはアルコールの過剰摂取と、栄養バランスの問題が説明された。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請