【清水】泥沼4連敗で15位転落 ワースト更新年間66失点

試合後、サポーターの厳しい声を浴びながら引き揚げる清水イレブン
試合後、サポーターの厳しい声を浴びながら引き揚げる清水イレブン

◆明治安田生命J1リーグ第31節 仙台2―0清水(10日・ユアスタ)

 清水エスパルスは仙台に0―2で敗れ、J2降格した2015年以来の泥沼4連敗となった。攻守共に精彩を欠き、前半20分に先制を許す。後半3分にもCKから押し込まれ失点。31試合を終えて総失点は66に膨らみ、現行の34試合制となった05年以降クラブワーストを更新した。鳥栖が勝ったため、15位に転落した。

 きっかけをつかめぬまま、悪夢の90分が過ぎた。清水イレブンは敵地まで駆けつけた1000人のサポーターの厳しい声を浴びながら、肩を落として引き揚げた。4年ぶりの4連敗。篠田善之監督(48)は「選手が前向きになれるよう、努力したい」と言葉を絞り出した。

 立ち上がりから押し込まれた。前半20分にはDF松原が後方に戻そうとまごつく間にボールをさらわれ先制された。「そういう状況になる前に、もっと早くカバーに行けば。ミスを恐れての失点」とDF立田が言うように、周囲のサポートも手薄だった。後半3分にはCKから元清水の平岡に決められ2失点目。年間失点は、降格した15年に記録したクラブワーストを上回ってしまった。

 攻撃もいい所がなかった。「うちのストロングが出せなかった」とMF金子。頼みのFWドウグラスに複数マークが付き、前線でボールが収まらない。指揮官も「テンポの上がらない回し方。ドグを孤立させてしまった」と指摘した。次は23日にホーム大分戦。ドウグラスが「自分たち次第」と言うように、ここで奮起できなければJ2への扉が開くことになる。(武藤 瑞基)

試合詳細

サッカー

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請