日川14連覇!49度目の花園出場

前半22分、混戦から抜け出してトライを決めた日川・小嶋主将(手前)
前半22分、混戦から抜け出してトライを決めた日川・小嶋主将(手前)

 ◆全国高校ラグビー山梨県大会▽決勝 日川51―5東海大甲府(10日、御勅使南公園ラグビー場)

 日川は9トライの猛攻を見せ、51―5で東海大甲府に快勝。14年連続49度目の全国高校ラグビー選手権(12月27日開幕、大阪・花園ラグビー場)出場を決めた。

 184センチ、98キロの高校日本代表候補NO8小嶋大士主将(3年)を中心に、重量FWで押して前半3分に先制トライ。その後もセンター梶原大河(3年)がチーム最多3トライを決めるなどバックス陣が5トライ、FW陣は4トライとバランス良く活躍した。

 14年連続出場となる花園では、16強入りした13年度以来6年ぶりとなる「花園で正月」を目指す。小嶋主将は「優勝できてホッとしています。ワンプレーのミスに厳しく練習して、全国ではミスの少ないラグビーをしたい」と気を引き締めた。梶原も「トライを取れたのは良かったが、守備の要として、もっとタックルから流れを作りたい。花園ではタックルで観客を沸かせます」と、闘志を燃やした。

 雨宮敬将監督は「全国でも泥臭く、ひたむきに、謙虚にプレーしてほしい。派手なプレーはいらない。支えてくださった方々に、結果で恩返しできたらと思います」と話した。

スポーツ

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請