高倉健さん命日「鉄道員」上映会で大竹しのぶ、広末涼子が「格好よかった」

高倉健さんとの思い出を振り返った(左から)浅田次郎氏、小林稔侍、大竹しのぶ、広末涼子、木村大作氏
高倉健さんとの思い出を振り返った(左から)浅田次郎氏、小林稔侍、大竹しのぶ、広末涼子、木村大作氏

 2014年になくなった俳優の高倉健さん(享年83)の命日の10日、都内で1999年公開の主演映画「鉄道員(ぽっぽや)」の特別上映会が行われ、共演の大竹しのぶ(62)、広末涼子(39)ら出演者が舞台あいさつした。

 満席の客席を前に大竹は「20年たった今も健さんに、この作品に会いに来て下さるなんてうれしく思います」と感激の様子。撮影の合間を振り返り、セットの外で空を見上げていた健さんに「『何しているんですか?』と聞いたら音楽を聴いていらして。黙ってイヤホンを片方、私に入れてくれた。格好よかった」と懐かしがった。

 カメラマンの木村大作氏(80)は健さんと広末が電話番号を交換していたことを暴露。木村氏が「電話あったの?」と聞くと広末は「親交持たせていただいて。かわいがって下さいました」と照れた。木村氏は「健さんは女優さんにすぐほれるんだよ」と明かしながらも「僕は健さんとは仲良かったんですよ」と自らフォローした。

 木村氏はさらに俳優・小林稔侍(78)にも触れ、「この人はね。いい人ぶっているけど短気なんだよ。すぐキレる。僕もだけど」と笑わせていた。

芸能

宝塚歌劇特集

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請