【ヤクルト】ドラ3の創価大・杉山が松山キャンプ見学を終え、闘志「1軍で活躍できるような選手に」

ヤクルトの秋季キャンプを見学する・杉山(中央)=左は奥川、右は吉田=
ヤクルトの秋季キャンプを見学する・杉山(中央)=左は奥川、右は吉田=

 ヤクルトのドラフト指名5選手が10日、愛媛・坊っちゃんスタジアムでの2日間の秋季キャンプ見学を終えた。ドラフト3位の創価大・杉山晃基投手(22)は「2日間、すごく勉強になったので、明日から1月に向けてしっかり練習していきたい」と闘志をたぎらせた。

 最速154キロを誇る剛腕だが、ブルペン投球を至近距離から見届け、謙虚にプロのすごさを受け止めた。「プロの球は違うと思ったので、そのレベルに達するように、しっかりやっていきたいと思います」。キャッチボールや投内連係など、目にしたものをすべて成長への糧とした。

 1月の新人合同自主トレに万全の状態で臨むことが、当面の目標になる。「1月までにしっかり体力をつけて、将来は1軍で活躍できるような選手になりたいと思っています」。182センチ、84キロの恵まれた体を武器に、プロの世界で成功をつかむ。

 ◇杉山 晃基(すぎやま・こうき)1997年6月25日、東京生まれ。22歳。盛岡大付から創価大に進学。最速154キロのストレートで打者をねじ伏せる。182センチ、84キロ。右投左打。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請