【ソフトバンク】ルーキー・板東が50万円ダウンの950万円でサイン 「来年はとにかく1軍」

 ソフトバンク・板東湧梧投手(23)が10日、宮崎市内のホテルで契約更改交渉に臨み、50万円ダウンの950万円でサインした。「来年はとにかく1軍に上がりたい」と力を込めた。

 ルーキーイヤーは“不運”にも見舞われた。開幕ローテ候補に入りながら、先発予定だった3月10日のヤクルトとのオープン戦(タマ筑後)が雨天中止。同12日の巨人戦(北九州)で仕切り直して先発予定だったが、インフルエンザのためやむなく回避した。その後、もう1度、インフルエンザで離脱。昨年のドラフトでは大学社会人5投手が入団し、甲斐野を筆頭に次々と1軍デビューしたが、板東だけが未登板に終わった。

 「悔しい思いしかない」と唇をかんだ右腕。「アウトローの直球と、自分の武器であるカーブの精度を高めたい」と来季への課題を挙げた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請