馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  東京 京都 福島

【エリザベス女王杯】川田騎乗のサラキアは6着「精いっぱい頑張ってくれた結果だと思います」

6着のサラキア
6着のサラキア

◆第44回エリザベス女王杯・G1(11月10日・芝2200メートル、京都競馬場、良)

 牝馬18頭によって争われ、クリストフ・スミヨン騎手が騎乗した3番人気のラッキーライラック(4歳、栗東・松永幹夫厩舎、父オルフェーヴル)が直線で内から伸びて快勝。17年阪神ジュベナイルフィリーズ以来となるG1・2勝目を飾った。勝ち時計は2分14秒1。

 逃げた7番人気のクロコスミア(藤岡佑介騎手)が1馬身1/4差で同レース3年連続の2着。3着には1番人気のラヴズオンリーユー(ミルコ・デムーロ騎手)が入った。

 川田将雅騎手(サラキア=6着)「4コーナーまでは非常にスムーズに運べました。精いっぱい頑張ってくれた結果だと思います」

 岩田康誠騎手(スカーレットカラー=7着)「正攻法のレースをして、直線途中まではグッときていたけど、そこから脚が上がった感じでした。レースとしてはいい形で運べました」

 武豊騎手(アルメリアブルーム=8着)「流れに乗って、勝ち馬と同じところで競馬ができた。最後も伸びているし、G3くらいならやれるのでは」

 坂井瑠星騎手(サトノガーネット=9着)「イメージ通りの位置でリズム良く、リラックスして走れました。外に出していい脚で伸びてくれたけど、前の馬も止まりませんでした」

 津村明秀騎手(フロンテアクイーン=10着)「クロコスミアの後ろ、予定通りのいいところで運べました。4コーナーで一瞬オッと思いましたが、もう一段ギアが上がり切りませんでした。少し距離が長いのかも」

 オイシン・マーフィー騎手(ウラヌスチャーム=11着)「ゲートを出て、スミヨン(ラッキーライラック)を見る位置にいたが、3~4コーナーにかけて一緒に動いていけなかった」

 幸英明騎手(ゴージャスランチ=12着)「ゲートに入るまではおとなしかったけど、そこからうるさくなって出遅れました。位置取りがもう少し違ったら、結果も変わっていたと思います」

 池添謙一騎手(レッドランディーニ=14着)「大外枠だったので、あまり外を回らされないように運びました。内に入れながら勝ち馬の後ろにつけられましたが、ペースが上がった時にきつくなって、直線はじりじりという感じでした」

 松山弘平騎手(シャドウディーヴァ=15着)「ペースが遅く、展開的に厳しい形でした。もう少し前のポジションで運びたかったです」

 藤岡康太騎手(ポンデザール=16着)「枠が良かったので、中団の位置は取れると思っていました。内でロスなく運べましたが、ペースが上がった時についていけませんでした」

 浜中俊騎手(ミスマンマミーア=17着)「自己条件なら、でしょうね。ちょっと相手が強かったです」

 福永祐一騎手(ブライトムーン=18着)「スタートをうまく切れませんでした。待たされて馬がイラっとして、流れに乗れませんでした」

【レース結果】

競馬

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請