若元春 注意処分からの挽回誓う初日は黒星「まだ乗りきれない部分ある」

若元春は掛け投げで天空海に敗れる
若元春は掛け投げで天空海に敗れる
若元春(右)を掛け投げで破る天空海
若元春(右)を掛け投げで破る天空海

◆大相撲九州場所初日(10日・福岡国際センター)

 九州場所再十両の西十両11枚目・若元春(26)=荒汐=は、東十両12枚目・天空海(29)=立浪=に掛け投げで敗れて黒星発進。2度目で立って左を差したが、右で抱えられ投げをくらった。「差さった瞬間に焦りがあったかも。組んだら投げというのは頭にあったけど、差さったらどうしても焦っちゃう」と反省。立ち合いも修正点に挙げた。

 若元春は9日、小結・阿炎(25)=錣山=と共に、自身のSNSに不適切な動画を投稿したとして日本相撲協会から注意処分を受け、反省文を提出した。「自分でやったことなのでしょうがないけど、まだ全部乗り切れてない部分がある」と落ち込んだ様子。それでも会場からは、多くの声援がおくられ「そういう人たちのためにも頑張らないといけない」と感謝した。

 弟の若隆景(荒汐)は、新入幕の土俵に立つ。「弟は一緒に稽古してる。上にあがっていくのは、自分も頑張らないといけないなと思う。負けてられない」と、2日目からの巻き返しを誓った。

若元春は掛け投げで天空海に敗れる
若元春(右)を掛け投げで破る天空海
すべての写真を見る 2枚

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請