馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  東京 京都

【京都9R・黄菊賞】シンプルゲームが鼻差で制し連勝 津村「これからは落ち着きがカギ」

シンプルゲーム(左)がポタジェとの追い比べを制す
シンプルゲーム(左)がポタジェとの追い比べを制す

 11月10日の京都9R・黄菊賞(2歳1勝クラス、芝2000メートル、10頭立て)は、6番人気のシンプルゲーム(牡2歳、美浦・黒岩陽一厩舎、父ハーツクライ)が4角先頭のロングスパートを決め、ダート1800メートルの未勝利から2連勝を飾った。勝ち時計は2分2秒1。

 前半はリズムを重視するように後方3番手を追走した。3コーナーで外から進出を開始すると、4コーナーに入ったところで早くも先頭。2馬身のリードを持って直線を向き、激しく追い上げてきたポタジェを鼻差で退けた。

 津村明秀騎手は「じっくり運んで、ペースが落ち着いたところで一気に行こうと考えていました。うまくいきましたね」と、してやったりの表情。今後に向けては「長く脚を使えるので距離はもっと延びても大丈夫だと思います。新馬(2着)以来(の騎乗)でしたが、テンションがかなり高くなっていたので、これからは落ち着きがカギになります」と指摘した。

 黒岩調教師は「前走が早めに押し切る競馬。脚質的な強みを生かした、こういう作戦は考えて臨んでいました」と笑みを浮かべた。次走は未定。

【レース結果】

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請