萩野右肩負傷も代表候補基準タイム突破「節目の一つ。これからは楽しいことだらけ」

社会人選手権で代表候補復帰を果たした萩野公介(中央)
社会人選手権で代表候補復帰を果たした萩野公介(中央)

◆競泳 日本社会人選手権(10日、静岡・富士水泳場)

 復活を目指すリオ五輪金メダリストの萩野公介(25)=ブリヂストン=が200メートル個人メドレー予選で、1分58秒73で大会新記録を樹立。日本水連が定める代表候補の基準タイム(インターナショナル標準記録=1分59秒23)を、長期休養から復帰後、初めて突破した。決勝はタイムを落として1分59秒23だったが、独走状態で優勝を果たした。

 8月のW杯東京大会で戦列に戻った。専門の個人メドレーに臨むのはW杯、9月の茨城国体に続き3度目。代表候補入りに向けた年内ラストチャンスで、結果を残した。

 10月の日本短水路選手権後に、疲労の影響で右肩を負傷し、数日は回復を優先。万全ではない中で、復活の足がかりをつかんだ。今後は代表候補の強化合宿にも参加できるなど、レベルの高い環境で五輪への準備ができる。「すごく楽しみ。節目の一つというとらえ方ができるタイムだった。実際ホッとしてます」と、表情を緩めた。

 午前決勝となる東京五輪を意識し、予選から全力で泳いだという。「階段は上れたかな。これからは楽しいことだらけだと思う」。連覇の偉業を目指し、ラストスパートに入る。

スポーツ

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請