岡崎体育、フジ「磯野家の人々」で20年後の中島役…20年の苦労をわがままボディで表現

 シンガー・ソングライターの岡崎体育(30)が、24日放送の天海祐希(52)主演のフジテレビ系スペシャルドラマ「磯野家の人々~20年後のサザエさん~」(日曜・後8時)に出演し、20年後の「中島くん」を演じることが分かった。

 今年10月にアニメ放送50周年を迎えた磯野家。同局開局60周年記念・アニメ「サザエさん」放送50周年記念作品となる本作は、これまで一度も描かれたことのない、アニメで描かれる世界から20年後のオリジナルストーリーが描かれる。

 31歳になったカツオ(濱田岳)は野球選手、漫画家など夢見ては挫折を繰り返し、今は商店街の洋食店でシェフをしているが経営がうまくいかず、何度も挫折の危機に直面している。29歳のワカメ(松岡茉優)はアパレル関係のデザイナーだが、なかなか自分のデザインが採用されず悩んでいる。タラオ(23歳・成田凌)は就職活動中だが、やりたいことが見つからず面接で玉砕の日々を送っている。

 また、波平(74歳・伊武雅刀)は定年退職を迎えて時間的余裕ができ、カツオたちへの将来を今まで以上に案ずる一方、距離感の取り方がわからず歯がゆい思いを抱えている。そんな夫・波平と磯野家の人々の姿をあたたかな愛情で見守るフネ(市毛良枝)。マスオ(48歳・西島秀俊)は出世したものの、中間管理職として板挟みの会社員生活を過ごしている。サザエとマスオの娘であるヒトデ(17歳・桜田ひより)は年頃の恥ずかしさでサザエと距離をとってしまう。もやもやとした曇り空模様の磯野家に明るい太陽のような笑顔を取り戻そうとサザエ(44歳・天海)は奮起する。

 盆踊り大会に「家族みんなで集合!」と呼びかけるが、天気予報によると急に発生した嵐が近づいてきてくる。やりたいことをやっていたのが、いつの間にか、やらなきゃいけないことばかりを考えるようになった磯野家。果たして、サザエは再び、あの頃の太陽のようにあたたかな磯野家を、取り戻すことができるだろうか。

 今回、岡崎が演じるのはとにかく真面目なコツコツ努力型のサラリーマンになった中島。上司や取引先からの理不尽な要求にも耐え忍び、積み重ねてきた苦労が少々容姿に反映されながらも、新卒で入社した会社に今年で勤続10年となる。

 渡辺恒也プロデューサーは「中島くんが20年たったらどんな風になるだろう…と思い、不思議と頭に浮かんだのが、丸っこいフォルムの30代男性。ただ、いろんな俳優さんを考えてみてもなかなかしっくりこない。いっそ俳優とは別のフィールドで活躍されている方はいないだろうか、と考えていた中で、これまた不思議と頭に浮かんできたのが岡崎体育さんでした」と起用理由を明かした。

 岡崎も「正直に言うと、本当に僕みたいなわがままボディが中島くんの役をやらせてもらって大丈夫なのか!?と思いましたが、僕も小学生の頃は痩せていたので、20年という歳月の波乱を表現するにはもってこいの太り方だなと思いました」とコメントした。

 また、一番の親友であるカツオと正反対の道を歩んでいるが、20年経っても固い友情は変わらず。カツオがどんな職についても半年で辞めていくことを心配しており、「磯野~!」とカツオの洋食店の扉を開け、今度こそはうまくいって欲しいと心から応援をしている。

 岡崎は名コンビ・カツオを演じる濱田との撮影について、「役者として素晴らしい経歴でいらっしゃるにも関わらず、カメラの回っていないところでも柔らかく温かい方で、役者経験の浅い私も強張ることなく輪に入ることができました」と語った。

芸能

宝塚歌劇特集

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請