乃木坂46・渡辺みり愛、オレオレ詐欺防止を訴える「おばあちゃんが引っかかりそうになった」

乃木坂46・鈴木絢音(左)と渡辺みり愛
乃木坂46・鈴木絢音(左)と渡辺みり愛

 乃木坂46の渡辺みり愛(20)、鈴木絢音(20)が10日、東京・桜美林大学新宿キャンパスで「ストップ・オレオレ詐欺47~家族の絆作戦~」のスペシャルトークショーに出席した。

 同プロジェクトは家族3世代にわたってオレオレ詐欺を防止していくことを啓発していくキャンペーンで、2人はその特別防犯支援官に任命されている。2018年には被害件数1万8000件、被害総額380億円に達した。この現状に渡辺は「1日あたり1億円近くの被害。苦しんでいる家族がいて、悲しい現状だと思います」。鈴木は「日常的におじちゃん、おばあちゃんとコミュニケーションを取ることが大切。わたしは秋田出身ですが、週に1回は電話してます」と実践している対策を明かした。

 実際にオレオレ詐欺の電話が祖母の元にかかってきた渡辺は「わたしのおばあちゃんが引っかかりそうになりましたが、家族の協力があって防ぐことができた」と実体験も明かして、被害防止を訴えた。

芸能

宝塚歌劇特集

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請