【ソフトバンク】右肘手術の柳田がリハビリ開始「前回より術後はいい」

右肘を手術し福岡・筑後市内のファーム施・でリハビリを開始した柳田(中央)
右肘を手術し福岡・筑後市内のファーム施・でリハビリを開始した柳田(中央)

 右肘を手術したソフトバンクの柳田悠岐外野手(31)が10日、福岡・筑後市内のファーム施設でリハビリを開始した。7日に神奈川・横浜市内の病院で、「右肘関節鏡下遊離体切除術・滑膜切除術」を受け8日に退院していた。

 2015年に続き、2度目の手術だが「前回より術後はいい」と明るい表情。この日は治療のみだったが、近日中に抜糸を行い、その後、練習を再開できる見込み。復帰まで全治3か月で「大丈夫っしょ」と、来年2月の春季キャンプに間に合う見通しを明かした。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請