萩野が待望の代表候補復帰 200個メ予選で基準タイム突破

萩野公介
萩野公介

◆競泳 日本社会人選手権(10日、静岡・富士水泳場)

 復活を目指すリオ五輪金メダリストの萩野公介(25)=ブリヂストン=が200メートル個人メドレー予選で、1分58秒73で大会新記録を樹立。日本水連が定める代表候補の基準タイム(インターナショナル標準記録=1分59秒23)を、長期休養から復帰後、初めて突破した。「頑張りました。決勝も頑張ります」と笑顔で意気込んだ。

 8月のW杯東京大会で戦列に戻った。専門の個人メドレーに臨むのはW杯、9月の茨城国体に続き3度目。インター標準を突破すれば国立スポーツ科学センターの充実した施設を使って練習ができるなどメリットは大きいが、4月の日本選手権まで対象大会がなく、実質ラストチャンスだった。初日に「ちゃんといいレースをすれば、間違いなく(インター標準を)切れる自信をもとにやっている」と話していた通り、感覚が戻りつつある姿を示した。

 今後は強化合宿にも参加資格を得る。五輪での複数メダルという目標へ、ひとつステップを踏んだ。

スポーツ

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請