松本人志、「ミキ」のツイート問題での吉本興業の見解に憤慨…「吉本はいらんこと言わんでいい。ミキには何の責任はないと言ってあげて欲しい」

松本人志
松本人志

 「ダウンタウン」の松本人志(56)が10日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜・前10時)。同じ吉本興業に所属するお笑いコンビ「ミキ」の昴生(33)と亜生(31)に、ツイッターへの京都市のPR投稿で1回につき50万円、計100万円が支払われた問題についてコメントした。

 今回のツイートは、京都市では毎年10月に吉本興業が中心となって京都国際映画祭が行われており、重要施策を一緒にPRしていく趣旨だったという。契約時は20万人のフォロワーを有するタレントに2回ツイートしてもらう契約と伝えられ、「ミキ」の2人は京都市出身で、大きな影響力があると判断したという。このツイートがPR表記がなかったことから「ステルスマーケティングでは?」との批判を受けた。

 番組では今回の問題に吉本興業が「一般にインフルエンサーマーケティングの費用は1フォロワーあたり1ツイート3~8円が相場。(ミキの)2人合計で30万人以上のフォロワーに対し、2回ツイートで100万円という対価は高額ではなかった」との見解を紹介した。

 これに松本は「吉本はいらんこと言わんでいいんです。吉本が言う必要ない、黙っておいたらいい。吉本はただただ問題はないと考えております。もし問題があるとしても、ミキには何の責任はないと言ってあげて欲しい。それが一番大事で、それをやってくれると芸人は悪い会社じゃないなと、頑張ろうと思えるはずなんですよ。そこが今、吉本ができてないんですよ」

芸能

宝塚歌劇特集

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請