【鹿島】痛恨2失点!首位から3位に転落…開幕戦以来の本拠地敗戦

前半、ゴール前で競り合う鹿島・ブエノ(右)と川崎・山村(左から川崎・大島、GK新井、鹿島・土居)
前半、ゴール前で競り合う鹿島・ブエノ(右)と川崎・山村(左から川崎・大島、GK新井、鹿島・土居)

◆明治安田生命J1リーグ第31節 鹿島0―2川崎(9日・カシマ)

 鹿島らしくなかった。シュート数も決定機も相手を上回りながら敗戦。主将のDF内田は「決められるところで決めないと。うちは(内容が)悪くても勝ってきたチームだから」と振り返った。ホームでは2月23日の大分との開幕戦(1●2)以来となる15試合ぶりの黒星で、首位から3位に転落した。

 内田が「ボールの崩し方など最近では一番良かった」というように内容では押していた。だが前半38分にFW伊藤、後半6分にMFセルジーニョ、同11分にMF永木と決定機を生かせず、セットプレーとカウンターから2失点を喫した。

 ただ自信は失っていない。試合後のロッカーでは大岩剛監督(47)が「あと3つ全部勝てば優勝できる」と選手に声をかけ、再び士気を高めた。内田も「結局、最後に終わった時にどこにいるかが大事だから」。3年ぶりのリーグ制覇は、最後まであきらめない。

(井上 信太郎)

試合詳細

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請