フローニンゲン板倉、“御前”で勝利貢献 フィテッセ新加入の本田“完全防備”で熱視線

 【アーネム(オランダ)8日=本田千尋】フローニンゲンのU―22日本代表DF板倉滉は、敵地で元日本代表MF本田圭佑の加入が決まったフィテッセと対戦し、フル出場して2―1の勝利に貢献した。まだ選手登録が完了していない本田は、黒いフードをかぶり、マスクをした完全防備した姿でスタンドから観戦した。

 “ライバル”の前で充実したプレーを見せた。センターバックで先発した板倉は、186センチの長身でロングボールをはね返し続けた。「自分のところからやられたくないと思った。耐え抜いた、しびれた試合だった」と手応えをつかんだ。

 相手のフィテッセに加入が決まった本田がスタンドから観戦。労働許可証の取得手続きを進めている段階で、対戦はかなわなかったが「小さい頃から見ていた選手。オランダに来てくれたのはすごいうれしい」と歓迎した。今後は11日から始まる東京五輪世代のU―22日本代表の広島合宿に合流する。「絶対に東京五輪には出たい。本田さんも(オーバーエージで)狙ってますから、負けずに頑張っていきたい」と意気込んだ。

サッカー

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請