八村塁、アジア人最速100得点…デビュー8戦目 中国のレジェンド・姚明超え

キャバリアーズ戦で得点し、雄たけびを上げるウィザーズの八村(ゲッティ=共同)
キャバリアーズ戦で得点し、雄たけびを上げるウィザーズの八村(ゲッティ=共同)

◆NBA キャバリアーズ113―100ウィザーズ(8日・ワシントン)

 ウィザーズの八村塁(21)は、ホームのワシントンで行われたキャバリアーズ戦に先発。35分18秒のプレーで、2試合ぶりの2ケタ得点となる21点をマークした。NBAでプレーしたアジア人では最速となるデビュー8戦目の通算100得点超え。チームは100―113で敗れ、通算2勝6敗となった。次戦は13日(日本時間14日)に、W杯1次リーグの米国戦で対決したケンバ・ウォーカーやジェーソン・テータムを擁するセルティックスと戦う。

 デビューから8戦目、八村がまた1つ記録を打ち立てた。第2クオーター(Q)残り47・4秒、ドリブルで駆け上がると鮮やかにシュートを決めた。NBAのアジア人史上最速となる8試合目での通算100点超え。02年にドラフト全体1位指名を受けた中国のスーパースター・姚明の11試合目を3試合も上回った。前半だけでチーム最多の15得点でけん引。13本中10本のフィールドゴールを成功させ、自身2度目の20点超えに、「いい感じで守備ができて、それが攻撃につながった」と、うなずいた。

 前戦のペイサーズ戦は5本のシュートを放つも成功は0本で、初の無得点に終わった。試合前日の練習後にはブルックス監督と1対1で約20分間のミーティングを行った。指揮官は「私が彼を難しい状況に置いてしまった。(どうすれば八村の)ベストを引き出せるか、把握しようとしているところ」と歩み寄った。八村も「『もっと楽しんでプレーしろ』と言われた。(試合の)最初の方はできた」と、復調のきっかけをつかんだ。ルーキーへの期待の高さはファンも同じ。第2Q途中、一度ベンチに下がっていた八村がコートに戻ると拍手が起きた。

 ただ、チームは6敗目。負けた全試合で100点以上を奪われており、「ディフェンスをしっかりとやらないと勝てないと思った」と、課題は明確だ。次戦は4日空いて、8~9月のW杯(中国)の米国戦でも対決したウォーカーやテータムが所属するセルティックスと戦う。開幕から17日間で8試合と過密日程だったが、少し休む時間もできた。「ちょっと休んで、チームとしてもしっかりやっていかないといけない」。心身をリフレッシュして、3勝目をつかみにいく。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請