ズシッ! 1キロ超えアオリイカ…沼津市・片浜海岸

線状の模様なのでこれはオス。メスは点状になる
線状の模様なのでこれはオス。メスは点状になる

 秋は、小~中型アオリイカの数釣りができる季節だ。今年はすでに大型も釣れ始めているとのことで、11月1日、静岡・沼津市の片浜海岸に行ってみた。港でイカを釣っている姿はよく見るが、実は砂浜でも釣れるということはあまり知られていない。浜なら広いし、人が少ないから場所取りなどで苦労することもない。イカの警戒心が薄いのも良い所だ。

 日没からが勝負なので、18時、釣り開始。竿は8・6フィート、リールは2500番。ラインはPE0・8号、リーダーはフロロの3号。港で釣る時と同じ道具で良いが、エギは遠投が出来る4号を使用する。浜ではイカがいる場所を求めて、少しずつ場所を移動しながらキャストしていく。この日は海に向かって左から右に潮が流れていたので、正面左にエギを投げ、3歩右に歩く。エギが着底するころには、ちょうど正面に流れてきているので、そこから誘いのシャクリを始める。3回ほど大きく縦に竿を動かし、エギを跳ね上げてからラインを張り気味にして再びエギが着底するのを待つ。このエギが落ちていく間に、イカがエギを抱き込むのだ。この日は小さいイカもいないのか、2時間やってもアタリが無かった。そこで、ラトル入りの3・5号のエギに変えてみた。サイズを小さくし、ラトル音で存在感を出して誘ったのだ。すると3投目、着底したエギをシャクルと“ズシッ!”と重い手ごたえ。「よし、乗った!」。その直後、ギュイギュイと竿を絞り込むような引きに、大型アオリイカと確信する。何度も強いジェット噴射に耐え、ようやく浜にズリ上げた。1055グラムのアオリイカだ。この時期、1キロを超える大型は滅多に釣れないので、とてもうれしい。

 浜のアオリイカは同じ場所で釣れる事がよくある。実は、今回釣れた場所は前週にも800グラムの良型が出たところだ。釣れた場所を記憶しておくのも、釣果を伸ばすコツなのだ。(富士川華撃団 岡崎 博志)

ライフ

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請