“かすみう”今大会初黒星も決勝へ切り替え…8連覇中の中国戦へ「自分たちを信じて勇気を持ってプレーすることが大事」

女子ダブルス(第1試合) 第3ゲーム 韓国選手の鋭いショットに食らいつく(左から)石川佳純、平野美宇ペア
女子ダブルス(第1試合) 第3ゲーム 韓国選手の鋭いショットに食らいつく(左から)石川佳純、平野美宇ペア

◆JA全農 ITTF 卓球W杯団体戦2019TOKYO(9日・東京体育館)

 女子で世界チームランク2位の日本は、同7位の韓国を3―1で下し、2大会連続の決勝進出を果たした。

 石川佳純(全農)と平野美宇(日本生命)の“かすみう”ペアは、第1試合のダブルスで申裕斌、田志希組に1―3で敗戦。今大会初黒星に、石川は「ラリーで先にカウンターされたり、嫌なコースで攻められた時にミスが増えた。明日は練習から得意なプレーが出せるコース取りをしたい」と切り替えた。

 V9を狙う中国は、メンバー5人全員がシングルスの世界ランキング1ケタ。選手層が分厚く、起用も読みづらい。「チーム一丸となって、自分たちを信じて勇気を持ってプレーすることが大事だと思う。色々なペアを想定して、しっかり準備したい」と石川。平野も「ここまで来られたことに満足せず、明日が本番だと思って、いいところと反省点をいかして、準備して臨みたい」と言葉を続けた。

スポーツ

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請