【阪神】ドラ1西純、ドラ2井上が安芸・秋季キャンプを見学

真剣な表情で練習を見守る阪神・ドラフト1位の西純(左)とドラフト2位の井上
真剣な表情で練習を見守る阪神・ドラフト1位の西純(左)とドラフト2位の井上

 阪神のドラフト1位・西純矢投手(18)=創志学園高=、ドラフト2位・井上広大外野手(18)=履正社高=が9日、高知・安芸で行われている秋季キャンプを見学した。

 2人は矢野監督らにあいさつすると、その後はブルペンで藤浪らの投球練習を真後ろから見入った。その後、井上は室内練習場で大山、江越らの打撃練習に熱視線を送った。最後はメイングラウンドの三塁ベンチで、先輩らの練習する姿をそれぞれ見つめた。

 西純は「ブルペンで見てすごく勉強になりました。プロは自主性が一番大事になっていて、1人1人の意識の高さが(高校生と)プロとの違いだなと思いました」と目を輝かせた。井上も「自分は踏み込んだ際に体のブレが出ている。プロは横から見たらブレが少ない。そこを見習いたい」と何度もうなずいていた。

 2人は10日の練習も見学する。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請