テコンドー協会・金原会長「反社ではございません」 選手からは協会へ不満の声

検証委員会のヒアリングに臨んだ全日本テコンドー協会の金原昇会長
検証委員会のヒアリングに臨んだ全日本テコンドー協会の金原昇会長

 強化方針を巡ってトップ選手と対立が続く全日本テコンドー協会の問題を調査中の検証委員会は9日、都内で金原昇同協会会長と5人の強化指定選手にヒアリングを行った。

 金原会長へのヒアリングでは、反社会勢力との交際についても話が及んだ。ヒアリング後、取材に応じた金原会長は「反社ではございません。資料等を提出して、ご理解頂きました」と説明。検証委員会の境田正樹弁護士は「(資料として)経営されている会社の帳簿や決裁書を見せて頂いた。引き続き、調査していきたい」と話した。

 会長を含む新理事の選任は「11月中に」とし、前体制の15人から減らして、10~11人程度にするという。

 また選手へのヒアリングでは、協会に対する様々な不満の声が挙がった。境田弁護士は「『代表のコーチとうまくコミュニケーションできない、合宿参加への自己負担が大きい、自分たちの意見が(協会側に)きちんと対応してもらえない』などの不満があった」と明かした。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請