中邑真輔の勝利後にワイアットがブライアンを襲撃

登場した“ザ・フィーンド”ブレイ・ワイアット(C)2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.
登場した“ザ・フィーンド”ブレイ・ワイアット(C)2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.

イングランド・マンチェスターのSNHUアリーナで8日(日本時間9日)、WWEスマックダウンが開催された。

 インターコンチネンタル王者・中邑真輔(39)がセザーロとタッグを組んでショーティG&アリと激突した。中邑のパートナー、サミ・ゼインが仲間に勧誘するダニエル・ブライアンがステージで見守る中、両チームは白熱の攻防を展開。中邑がリバースパワースラムからキンシャサを狙うと、アリがカウンターのスーパーキックで迎撃した。しかし、ゼインとセザーロが介入して再びチャンスを作ると、すかさず中邑がアリにキンシャサを叩き込んで3カウント。

 中邑&セザーロが勝利でその実力を証明したが、ブライアンは無言のままバックステージに戻ってしまう。するとゼインがブライアンを捕まえて「俺たちと前に進もう。言いたいことを言ってくれ」と再び仲間に勧誘すると、突如暗転となってユニバーサル王者“ザ・フィーンド”ブレイ・ワイアットが襲撃。ワイアットはブライアンを捕まえるとマンディブルクローを繰り出して沈めた。

格闘技

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請