【京都4R】マーフィーが京都で初勝利 良血馬シルヴェリオに「来年、すごくいい馬になる」

O.マーフィー騎乗のシルヴェリオが、後続に4馬身差をつけ圧勝(カメラ・高橋 由二)
O.マーフィー騎乗のシルヴェリオが、後続に4馬身差をつけ圧勝(カメラ・高橋 由二)

 今週から短期免許(期間は12月31日まで)で騎乗するオイシン・マーフィー騎手(24)=アイルランド=が11月9日の京都4R・2歳未勝利(芝2000メートル、13頭立て)でシルヴェリオ(牡2歳、栗東・池添学厩舎、父ハーツクライ)を1着に導き、京都で初勝利を飾った。

 騎乗したシルヴェリオは兄に4連勝で引退した未完の大器、シルバーステート(父ディープインパクト)がいる良血馬。デビュー3戦目の今回はスムーズに先行し、直線で後続を突き放して最後は4馬身差をつけてゴールした。マーフィー騎手は「すごくいい馬。ゲートの中でもおとなしく、距離はもう少し延びてもいい。来年はすごくいい馬になるだろう。このクラスでは力が一枚上だった」と高く評価していた。

 同騎手は今年、英国で168勝を挙げて初のリーディングを獲得。昨年は12月に短期免許を取得し、1か月半で25勝をマークした。JRA重賞は19年・根岸S(コパノキッキング)の1勝。日曜のエリザベス女王杯では、ウラヌスチャーム(牝4歳、美浦・斎藤誠厩舎)に騎乗する。

レース結果

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請