【浦和】大槻監督、気合のACL優勝宣言「ぜひチャンピオンになりたい」

サウジアラビア・リヤド市内で記者会見した浦和の大槻毅監督(左)、MF長沢
サウジアラビア・リヤド市内で記者会見した浦和の大槻毅監督(左)、MF長沢

◇アジア・チャンピオンズリーグ決勝第1戦 アルヒラル―浦和(日本時間10日午前1時30分、リヤド・サウード国王大学スタジアム)

 浦和の大槻毅監督(46)が8日、サウジアラビア・リヤド市内で記者会見に出席し、ACL決勝第1戦の敵地・アルヒラル戦にむけて意気込みを語った。

 2年ぶり3度目の優勝を目指し、ホーム&アウェー方式で行う2試合の初戦に臨む。「まずはアウェーでの前半戦の試合をしっかり戦いたい。そしてホームに帰ってサポーターの後押しを受けて、ぜひチャンピオンになりたい」と力を込めた。

 累積警告で出場停止となるGK西川に代わり、福島の起用を明言。1日の鹿島戦(0●1)でJ1初出場し、好セーブを連発した福島に対して「トレーニングから非常に良いパフォーマンスを見せており、大きな信頼を寄せている。非常に楽しみです」と期待した。

 また、同席したMF長沢はアルヒラルで警戒する選手を問われ「攻撃陣はどの選手も危険な選手だと思う。特に中盤のジョビンコ選手は攻撃のクリエイティブな選手で、警戒したい」と語った。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請