【大会トピックス】日替わりご当地「どんぶり」を!

 応援メッセージを書いた絵馬が飾られた「どんぶりモニュメント」
 応援メッセージを書いた絵馬が飾られた「どんぶりモニュメント」

「JA全農卓球W杯団体戦」に特別協賛している全農は10日まで、会場屋外ブースで「どんぶり」の販売を実施している。47都道府県を代表する、ご当地の素材をいかした「どんぶり」を日替わりで販売中だ。

 10日は11時から、山口「おいしいっちゃ丼」、静岡「海と大地の青菜シラス丼」、宮城「がんばろう芹(せり)かつ丼」、茨城「奥久慈シャモの親子丼」、東京「TOKYO X 煮豚ヒレ丼」を販売する。

 どんぶりは栄養たっぷりのおいしい食事が手軽に楽しめるとあって連日大好評。観戦に訪れた50代の女性は「お肉も野菜もたくさん。並んでよかった」と喜んだ。

 また8日から設置された「どんぶりモニュメント」には、選手への応援メッセージが多数寄せられている。「男女ともに優勝!」「石川選手頑張れ」などと書かれたラケット型の絵馬が飾られた。10日も引き続き、設置されている。

 9日には手軽にエネルギーやたんぱく質が補給できるとしてスポーツ時に最適な国産米使用の「焼き餅」を配布が行われた。長蛇の列ができるなど、大盛況。10日も12時から配布が行われる。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請