【ロッテ】二木、種市ら若手5投手を米トレーニング施設「ドライブライン・ベースボール」に派遣

ロッテの二木康太投手
ロッテの二木康太投手

 ロッテは8日、米シアトルのトレーニング施設「ドライブライン・ベースボール」に選手・コーチを派遣することを発表した。23日から12月4日まで。メンバーは以下の通り。

 川越英隆1軍投手コーチ(46)、根本淳平2軍トレーニングコーチ(46)、二木康太投手(24)、小島和哉投手(23)、中村稔弥投手(23)、成田翔投手(21)、種市篤暉投手(21)。

 同施設は08、09年と2年連続サイ・ヤング賞を受賞したリンスカムも利用。トレーナーや医師、動作分析の専門家など、様々な分野のスタッフが常駐しており、科学的で安全な指導が受けられると評判だ。投球フォームの解析に加えて、重さ約100グラム~約2キロのボールを全力で投げて肩周りの強化を図るトレーニングなどがある。多くの投手が球速を上げた実績もあり、コーチ陣も知識、経験を今後の指導に役立てる狙いがある。

 今季は2ケタ勝利者がゼロに終わったが、近未来の“投手王国”建設へ、オフも汗を流す。

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請