昨年Vの畑岡奈紗、4打差35位も逆転連覇へ「許容範囲内じゃないかな」

18番で笑顔をみせる畑岡奈紗
18番で笑顔をみせる畑岡奈紗

◇米女子ゴルフ協会公式戦 TOTOジャパンクラシック 第1日(8日、滋賀・瀬田GC北C=6659ヤード、パー72、賞金総額150万ドル(約1億6500万円)、優勝22万5000ドル(約2475万円)

 昨年優勝した畑岡奈紗(20)=森ビル=は、3バーディー2ボギーの1アンダーでスコアを伸ばすことができず、初日を35位で終えた。

 バーディーなしで迎えた6番、1メートルのパーパットを狙ったが、約30センチオーバーして左にそれ、ボギー。続く7、8、9番ではすべてバーディーチャンスにつけたが、いずれも決められなかった。体調不良で2週間休養し、今大会が復帰戦となったが、本領発揮とはならなかった。「ショットが思うように決まらなかった。パッティングの位置、距離感をつかむのが難しかった」と嘆いた。

 それでも17、18番は連続バーディーを奪い、畑岡らしさを取り戻しつつあり「つかみかけているので、自分のものにしたい」と力を込めた。首位とは4打差と、2連覇への望みはまだ十分に残っている。「あと2日あるので、全力で頑張りたい。(4打差は)許容範囲内じゃないかな。プラス1ってなると厳しいですけど、プラスからのマイナスなので」と気合を入れ直した。

ゴルフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請