アンジャッシュ渡部にとってのヒーローは相方・児嶋一哉 都内に一戸建て購入でチクリ

公開アフレコを行った(左から)寺刃ジンペイ、アンジャッシュ渡部建、木村佳乃、ジバニャン
公開アフレコを行った(左から)寺刃ジンペイ、アンジャッシュ渡部建、木村佳乃、ジバニャン
公開アフレコを行った木村佳乃とアンジャッシュ渡部建
公開アフレコを行った木村佳乃とアンジャッシュ渡部建

 女優の木村佳乃(43)、お笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部建(47)が8日、都内のスタジオで「映画 妖怪学園Y 猫はHEROになれるか」(12月13日公開)の公開アフレコを行った。

 「妖怪ウォッチ」の劇場版アニメシリーズ第6弾。超エリート校を舞台に、主人公の寺刃ジンペイと仲間たちが妖怪冒険活劇を繰り広げる。

 ゲスト声優を務める2人。実況中継でバトルを盛り上げる男子生徒・タベケン役の渡部は自身のヒーローを聞かれ、相方の児嶋一哉(47)を挙げた。

 テレビ番組などで目黒区内に一戸建てを新築したことを明かした相方に「『おい、コラ!児嶋だよ!』だけで、都内に家を建てた。一等地にですよ。ローンが79歳まで…。日本人の平均寿命が80歳ですから、彼はローンを完済して1年で死ぬ」とチクリ。「彼がヒーローです」と話した。

 主人公たちの前に立ちはだかるレジェンド怨霊・メドゥーサの声を務める木村は、休日に長女(8)、次女(6)と映画館に行くのが楽しみの1つ。劇場のスクリーンに映画「記憶にございません!」(三谷幸喜監督)で演じた姿が流れると、「『あっママだ!』って言われて(笑い)。ポスターを見つけた時も『ママがいた~』って。すごく恥ずかしかった」とほほ笑ましいエピソードを披露。今作でも悪役に挑むが「『パディントン』(16年)でニコール・キッドマンの声優を務めた時、長女が『何でままは悪役ばかりなの?』って。まだ、メデューサ役とは言っていない…。どうしたらいいと思います?」と報道陣に逆質問していた。

公開アフレコを行った(左から)寺刃ジンペイ、アンジャッシュ渡部建、木村佳乃、ジバニャン
公開アフレコを行った木村佳乃とアンジャッシュ渡部建
すべての写真を見る 2枚

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請