【U17】日本、メキシコに完敗で16強敗退…森山監督「上のレベルを見せてあげたかった」

◆U―17W杯 決勝トーナメント1回戦(6日・ブラジル)

 1次リーグを首位で突破した日本はメキシコに0―2で完敗し、前回大会に続いて16強で敗退した。後半12分に今大会初失点を喫し、同29分に追加点を献上。2011年大会以来の準々決勝進出はならなかった。

 日本は3戦で2点ずつ挙げていた2トップのFW若月大和(17)=桐生第一=とFW西川潤(17)=桐光学園=が不発。森山佳郎監督(51)は「もっと上のレベルの景色を見せてあげたかった」と唇をかんだ。ボール支配率64%と主導権は握ったが、後半12分にCKから失点。同29分には相手のドリブルに振り回されて2点目を失った。若月は「絶対に負けたくなかったし本当に悔しい」、西川は「決定的な仕事ができなかった」と悔やんだ。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請