【巨人】高橋、新球シュート&スタミナ強化「しっかり1年間ローテ」

後方から原監督が見つめる中、投球練習をする高橋
後方から原監督が見つめる中、投球練習をする高橋

 巨人の高橋優貴投手(22)が7日、秋季宮崎キャンプで初のブルペン入り。「新球の習得」と「スタミナ強化」をテーマに掲げた。

 これまであまり投げなかったカットボールに加え、この日初めてシュートを試投するなど計112球を投げ込んだ。今季の高橋の主な変化球はスライダー、カーブ、スクリューの3つ。「カットは来シーズン頭から投げられればいいなと。緩いボールが多いので、ストレートに近づけたボールがあれば」と、速く鋭く曲がる変化球を目指す。

 原監督からは投球間隔を短くするよう助言を受けた。指揮官は「高橋の場合、課題はスタミナ。息が上がってる状態で投げることの方が多いから」と説明。高橋も「しっかり1年間ローテで投げ続けるってことはスタミナもないといけない」と先発陣の一員としての自覚を口にした。

 「少なくともメルセデスには負けてほしくない。そういう位置づけで来年は戦ってもらいたい」と原監督。指揮官の期待に応え、今季の5勝を上回る白星をつかみ取る。(河原崎 功治)

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請