【巨人】ゲレーロ、今季限りで退団 残留熱望も2年契約終了で更新せず

ゲレーロ
ゲレーロ

 巨人のアレックス・ゲレーロ外野手(32)が今季限りで退団することが7日、分かった。今季が2年契約最終年。10月25日に離日して自宅のある米国に出発する際には「日本が大好き。巨人はファンもチームメートも素晴らしい。現状は待つ身なので、契約状況がどう進んでいくか見守っていきたい」と残留を熱望していたが、代理人との交渉の結果、来季の契約を結ばない方向となった。

 来日1年目の17年に中日で35本塁打して本塁打王。巨人移籍1年目の昨季は82試合で15本塁打だったが、今季は101試合で21本塁打と成績を伸ばした。特にシーズン終盤は勝負どころで貴重な一発を何度も放ち、5年ぶりリーグ優勝に大きく貢献。日本シリーズも4試合12打数4安打、打率3割3分3厘で打率、安打数がチームトップと活躍した。

 今季は背番号「5」から「44」に変わり心機一転。原監督から受けた打撃指導が結果に結びつき、ベンチでも明るい表情が多く見られた。助っ人野手のビヤヌエバが早い段階で退団濃厚となる中、ゲレーロの去就は流動的となっていた。球団は来季の戦力を総合的に判断して契約更新を見送ったようだ。

 ◆アレックス・ゲレーロ(Alex Guerrero)1986年11月20日、キューバ生まれ。32歳。2013年にハイチへ亡命し、同年ドジャースと総額2800万ドルの4年契約を結んだ。14年にメジャー初昇格。メジャー通算117試合、打率2割2分4厘、11本塁打、36打点。17年に中日入りし本塁打王を獲得。18年から巨人。182センチ、99キロ。右投右打。年俸4億円。

巨人

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請