国母和宏容疑者、密輸は大麻ワックスか

国母和宏容疑者
国母和宏容疑者

 元五輪スノーボード男子代表のプロスノーボーダー、国母和宏容疑者(31)=北海道千歳市=が、米国から国際スピード郵便で大麻を密輸したとして、大麻取締法違反(営利目的輸入)の疑いで逮捕された事件で、輸入された大麻製品が「大麻ワックス」と呼ばれる加工品の可能性が高いことが7日、分かった。

 大麻ワックスは、乾燥大麻の成分を濃縮させた固形状の加工品。大麻独特の臭いが少ないのが特徴で、使用していることが周囲に知られにくいとされる。関係者によると、1グラム1万円以上で売買され、最も流通量の多い乾燥大麻と比較して末端価格は7~8倍するとも言われているという。

 使用法としては、電子たばこ用の吸煙具やガラスパイプなどに入れ、加熱して吸引する。ほかにも、たばこなどにバターのように塗りつけて吸う方法などが知られている。

 価格と比例して効果も強く、少量で幻覚作用などが得られることから近年は摘発量、件数が急増。厚生労働省などは大麻を液体状に加工した「大麻リキッド」とともに「新しいタイプの大麻」として警戒している。最近では、乾燥大麻さえ入手できればインターネットなどで自らワックスを製造できる器具を購入することもできるという。

 また、国母容疑者らが輸入した水あめ状で紙に塗りつけられていた約57グラムの大麻製品は、3つに分割されて紙やビニールで何重にも包まれていたことも判明した。関東信越厚生局麻薬取締部は、国母容疑者や今年10月に逮捕された30代の知人の男らが輸入時の発覚を逃れるため、郵便物の中に隠しやすいように小分けにしていた可能性があるとみて、経緯を詳しく調べる。国母容疑者は輸入の事実を認める一方で「営利目的とは違う」と供述している。

 ◆専門家が指摘自分で栽培か

 国母容疑者が密輸していた大麻製品が「大麻ワックス」だったとみられることについて、元麻薬取締官で薬物アドバイザーの廣畑徹さんは「自分で大麻を栽培していた可能性を否定できません」と分析する。

 廣畑さんによると、大麻ワックスは従来の乾燥大麻などと比べて成分含有率・効能が7~8倍高く、末端価格も同様の高い水準で取引されている。一方で「自分で大麻を栽培していればワックスを作ることは比較的容易です。動画サイトでも何でも紹介されていますから。現在、かなり出回っています」と説明。製造・販売によって収益を得るため、自ら大麻草を栽培している可能性を指摘した。

 ◆童夢バッサリ

 2006年のトリノ五輪で国母容疑者と同種目に出場したタレントの成田童夢(34)が7日、フジテレビ系「とくダネ!」(月~金曜・前8時)に生出演した。「ライバルであると同時に尊敬できる選手」とした上で、国母容疑者が日本代表のテクニカルコーチを務めていたこともあることから「若手選手に対しての影響はすさまじいと思う。一度でも五輪に出れば、日本代表。自覚が足りなかったんじゃないか」と苦言を呈した。

社会

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請