【ディズニー報知】TDS「カラー・オブ・クリスマス」が今年で見納め

東京ディズニーシーの「カラー・オブ・クリスマス」
東京ディズニーシーの「カラー・オブ・クリスマス」

 東京ディズニーリゾート(TDR、千葉・浦安市)で8日からスペシャルイベント「ディズニー・クリスマス」が開幕するのに先立ち、東京ディズニーランド(TDL)と東京ディズニーシー(TDS)で7日、プレスプレビューが開催され、先行公開された。

 TDSのメディテレーニアンハーバーでは、昼は昨年と同じくディズニーの仲間たちがクリスマスの音楽とライブパフォーマンスを繰り広げるハーバーショー「イッツ・クリスマスタイム!」が公演される。夜は8年目となる「カラー・オブ・クリスマス」が、今年限りでフィナーレを迎える。

 「カラー・オブ・クリスマス」は、高さ約15メートルのクリスマスツリーと小さなツリーのオブジェが光り輝く、幻想的な夜の水上エンターテイメント。これまでメディテレーニアンハーバー全体を美しくきらびやかに包んできたが、8年目の今年で最後の公演となる。

 出演キャラクターは、ミッキーマウス、ミニーマウス、ドナルドダック、デイジーダック、グーフィー、プルート、チップ、デール、ダッフィー、シェリーメイ、ジェラトーニ、ステラ・ルー、ピノキオ、ジミニークリケット、ジーニー、アブーで、公演時間は約15分(1日1回/夜間)。

 さらに、その後に「カラー・オブ・クリスマス-アフターグロウ」として、約3分間、人々の願いが集まり光り輝くクリスマスツリーと小さなツリーのオブジェが、クリスマスの音楽にあわせて色とりどりにキラキラと輝き続ける。これも今年で最後。これらのフィナーレは、ハーバー名物のナイトタイムエンターテイメント「ファンタズミック!」が来年3月25日に終了することと無縁ではない。

 TDLでは、クリスマスパレード「ディズニー・クリスマス・ストーリーズ」がパレードルートで公演される。

 ◆メモ TDRはJR京葉線・武蔵野線「舞浜」駅下車すぐ。1デーパスポートはTDL、TDSそれぞれ大人7500円ほか。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請