馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  東京 京都

【エリザベス女王杯・馬トーーク】2強はラヴズオンリーユー&クロノジェネシス? 気になる穴馬は?

◆第44回エリザベス女王杯・G1(11月10日・芝2200メートル、京都競馬場)

 坂本(以下、坂)「無敗でオークスを勝ったラヴズオンリーユーと、秋華賞を制したクロノジェネシス。3歳馬の“2強”でしょうかね?」

 宮崎(以下、宮)「いやいや、過去10年で3歳馬ワンツーは、13年のメイショウマンボとラキシスだけ。そんな簡単な話とちゃうやろ」

 坂「伏兵となるとウラヌスチャームはいかがでしょう? 前走後も栗東滞在で、斎藤誠調教師は『栗東なら直前に足りなければ、輸送の心配をせず強めにできる。地の利はある』と攻めの手を打っています。迎春Sを勝ったマーフィーとの再コンビも魅力です」

 宮「俺もラヴズオンリーユーの能力は認めているけど、休み明けに実績があるとはいえ、やっぱり穴馬探しの立場上疑ってみてしまうな。そこで気になるのはサラキア。牡馬相手のエプソムCで小差2着と地力は十分。池添学調教師は『前走やエプソムCは、目標にされたぶん差された。出たなりで行かずに脚をためた時にどれだけ切れるか』と、もうひと押しを期待していたよ。あと4連勝中のポンデザールも、藤岡康騎手への取材で好感触だったな」

 坂「早く現地の環境に慣らす意図で、追い切り翌日の木曜日輸送は勝負手かも。クレジットカードの引き落とし日(11日)に備えて、僕も穴狙いの勝負手をひねり出します(苦笑い)」

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請