馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  東京 京都

【エリザベス女王杯】外国人騎手3連覇中 今年は英国リーディング・マーフィー騎手がウラヌスチャームで狙う

2度目の来日のマーフィー。JRA・G1初制覇をいきなり決めるか
2度目の来日のマーフィー。JRA・G1初制覇をいきなり決めるか

◆第44回エリザベス女王杯・G1(11月10日・芝2200メートル、京都競馬場)

 第44回エリザベス女王杯(10日、京都)の出走馬が7日、確定した。3年連続で外国人騎手が勝利を挙げている牝馬限定の大一番に、初めて挑むのが、今週から短期免許で騎乗するオイシン・マーフィー騎手(24)。コンビを組んで1戦1勝のウラヌスチャームで臨む一戦で、JRA・G1初制覇を狙う。

 2度目の来日を果たしたマーフィーは笑顔に満ちていた。「去年(12月)来たときよりも、暖かいし、いい気候。日本のG1シーズンまっただ中に参加できて、うまく成功できれば」。今年は英国で168勝を挙げて、初のリーディングを獲得した24歳が10か月ぶりに日本のターフを沸かせに来た。「今年は1月は日本にいたり、3月はドバイに遠征も行きました。英国に戻ってからは、休みなく、ずっと騎乗してきて、大変なことだったけど、本当に幸せなことだよ」

 今年8月1日には、ディアドラでナッソーSを優勝。日本調教の牝馬による初の英国G1勝利に導いた。「ずっと幼い頃から日本に来ることが夢だった。ディアドラに乗って勝つこともできたし、また日本に戻れることは幸せなこと」と意気込みを見せた。

 いきなり土日で22鞍の手綱を任された今週、エリザベス女王杯では1月の迎春S(中山)でオープン入りに導いたウラヌスチャームとコンビを再び組む。「前走(京都大賞典7着)は映像で見たけど、後ろから行く形になって、直線でも前が開かなかった印象を持った。引っかかりやすい馬なので、注意して乗れれば。十分勝つチャンスはある馬だよ」。昨年の有馬記念(ミッキーロケット4着)、ホープフルS(ミッキーブラック9着)に続く3度目のJRA・G1騎乗で初制覇を意識する。

 2度目の来日だが、日本の文化にもすでになじんでいる。「ヤキニクが大好き。今日は週末に競馬があるし、体重制限のため、食べられない。日曜日に勝って、夜にヤキニクを食べるのが楽しみだよ」。4人の外国人騎手が騎乗する今年。人気は他に譲るマーフィーが、オイシイ配当を運んでくる。(松浦 拓馬)

 ◆オイシン・マーフィー(Oisin・Murphy)1995年9月6日、アイルランド・キラーニー生まれ。24歳。英国を拠点に活動し、現在はカタールレーシングの主戦騎手。18年12月15日~19年1月28日の期間で初めてJRA短期免許を取得して騎乗。根岸S(コパノキッキング)でJRA重賞初制覇するなど25勝を挙げた。身長165センチ、体重53キロ。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請