【広島】ドラ1森下、新制度の年俸上限第1号で仮契約「いい評価いただいた」

スポーツ報知
仮契約した森下

 広島のドラフト1位・森下暢仁(まさと)投手(22)=明大=が7日、都内のホテルで仮契約を結んだ。契約金1億円プラス出来高5000万円、年俸1600万円(金額は推定)。背番号は18に内定している。

 従来の1500万円から改訂された年俸の上限額で仮契約を交わした来年度のルーキーとして12球団1番乗り。「いい評価をしていただきました。結果を出してお返ししたい」と語気を強めていた。

 野球部を引退した現在は「広島の練習はキツいと聞いている」と、走り込みやウェートトレーニングに全力。特にウェートは現役時代の週2回から週4回に増やし、バーベルの重さも増やしてスクワットなどに取り組んでいるという。1日5~6食の“メシトレ”も実践。「今の体重が76キロなんですが、(合同自主トレが始まるまでの)2か月で80キロくらいにいけたら」とマッチョ化を誓っていた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×