馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  東京 京都 福島

敗戦を糧に(栗東)

 こんにちは、山本です。今週は遅めに木曜からの始動です。ではでは、本日も行ってみましょうか♪

 さて、つい先日のこと。和歌山県の白浜という地域へ遊びに行くことがありました。ここへ行くのは2度目で、当時は記者仲間とワイワイ騒ぎながらの日帰り旅行。クエ鍋→温泉→地元の居酒屋というフルコースを満喫したうえ、飲めない記者仲間が運転してくれた車で神戸まで帰るという実に楽しいコースでした。もう、5年近く前になるのかな。

 で、今回もクエ鍋は食べたんですが、まともな観光もしないといけないということで、三段壁なる岩の名所へ。日本海の東尋坊を思わせる雰囲気なんですが、その付属施設の洞窟が面白かった。地底36メートルの地点に広がっているんですが、激しい波が岩にぶつかり、水しぶきが上がる瞬間を間近で体感できる。これ、なかなか迫力がすごいですよ。この日は穏やかな波だったそうなんですが、これ以上に激しいとどうなるんだっていう感じ。三段壁を訪れた際には是非、洞窟まで足を運んでくださいな。

 ということで、そろそろ本題へ。今日も栗東からのナマ情報を中心にお届けしましょう。

 まずは池江厩舎から。今月30日の阪神芝マイルで【ヒメノカリス(牝、父ディープインパクト、母ドバイマジェスティ)】が北村友Jでデビューを予定しています。ゲート試験合格後、一度放牧に出されていたんですよね。「カイバをしっかり食べるようになってきました。動きは素軽いですよ」と池江調教師の評価もまずまずといった感じ。今後、調教のピッチを上げていくと思います。

 あと、先日の更新で取り上げた【サトノマッスル(牡、父ディープインパクト、母ジェニサ)】はゲート試験合格後も栗東で調整中。「今週はまずまず動けていましたね」とこちらも感触は悪くない。もともと、池江厩舎でゲート試験合格後にそのまま在厩調整を続けているんですから、体力面はしっかりしているんだと思います。そうそう、今日は東京スポーツ杯2歳Sの【アルジャンナ(牡、父ディープインパクト)】も1週前追い切りを行ったんですが、その話は週末に。

 続いては友道厩舎。今週、友道調教師は牧場に出かけていたんですが、先週の更新で大事なことを一つ書くのを忘れてました。ダノンファンタジーの弟になる【アドマイヤベネラ(牡、父ハーツクライ、母ライフフォーセール)】は阪神3週目の芝2000メートル、スミヨンJでのデビューを目指しています。「ゲート試験後に出した放牧で随分と良くなってきました。ハーツにお父さんが替わって、距離は融通が利くと思います」と友道調教師。年内のデビューとなりそうです。セレクトセールで注目を集めた【アドマイヤビルゴ(牡、父ディープインパクト、母イルーシヴウェーヴ)】は年明けの京都が目標になりそうですね。友道厩舎で東京スポーツ杯2歳Sを目指す【ラインベック(牡、父ディープインパクト)】のお話は週末に。

 安田隆厩舎では先週の東京で【メートルナムール(牡、父Oasis Dream)】が勝ち上がり。こちらは阪神2週目にあるダート1200メートルの平場で確実に2勝目を狙っていくようです。一方、夏の小倉で新馬を勝った【ジュビリーヘッド(牡、父ロードカナロア)】は秋明菊賞で2連勝を狙うようです。

 さて、寺島厩舎では先週の京王杯2歳Sで【ヴァルナ(牡、父エピファネイア)】が3着でした。以前にも書いたように、現状ではスピードがあるので、番手の競馬を覚えさせようという考えで使った一戦。「現状としては、いい経験になったと思います」と寺島調教師は明るい表情で振り返ります。ただ、この馬に賭ける期待は大きく、今後はクラシック路線を目指したいとのこと。今後は福永Jとのコンビ復活で、京都2歳Sを予定しているとのことです。この走りがどういう風につながっていくのか、ちょっと注目していきたいところです。

 ということで、今日はここまで、また明日です。ではでは

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請