みちょぱ「グレるなら早めがいいがいい」 子どもたちに衝撃のメッセージ!? 小島よしお、ひふみん、高田延彦らも初登場

「じゃじゃじゃじゃ~ン!」に出演したみちょぱ(C)フジテレビ
「じゃじゃじゃじゃ~ン!」に出演したみちょぱ(C)フジテレビ

 フジテレビ系子ども番組「じゃじゃじゃじゃ~ン!」(日曜・5時10分)が10日の放送から番組内容をリニューアルすることが分かった。

 「4週連続ゲストスペシャル」として各週ごとにスペシャルゲストが登場。第1弾ゲストに小島よしお(38)、第2弾ゲスト“ひふみん”こと加藤一二三(79)、第3弾ゲストに高田延彦(57)、第4弾ゲストにみちょぱ(池田美優・21)が番組初出演する。

 同番組は、同局では90年代に一世を風靡(ふうび)した「ウゴウゴ・ルーガ」(1992年10月~1994年3月)以来の制作となる子供番組で、朝起きたら謎の生物になっていた2人の子供「じゃじゃじゃ」(大野琉功)と「じゃ~ン」(竹野谷咲)が、同じくロボットになってしまった人工知能の「AIさん」(声・安田顕)と旅をしながら、さまざまなキャラクターと出会い成長し、元の姿を取り戻すまでを描くストーリー。

 ゲストの4人はそれぞれが人生の先輩として、オリジナリティーあふれる“より良く生きるためのお言葉”を子供たちに伝える。

 第1弾ゲストの小島は、AIさんに持ちネタを間違われ、思わず「ギャグ覚えておけ!」と一喝するも、AIさんとの共演にご満悦の様子。小島は初出演を振り返って「子供達が可愛らしくて、一緒にギャグもできたので楽しかったですね。安田さん。あ、安田さんって言っちゃいけないのか(笑)。AIさんとも絡めてうれしかったです」とコメントした。

 子供たちに贈った言葉については「自分が一番よく言うギャグでもあるんですけど、良い意味で使ってもらえるとうれしいですね。大変な時も“そんなの関係ねえ”って、前向きになれる言葉だと思うので」と語った。

 第2弾ゲストとして、将棋の日(17日)に登場する加藤ならではのメッセージを子供たちに伝え、“自慢”の歌声を披露する。加藤は「子供たちと一緒に歌いましたが、歌も上手だし、素晴らしかったですね。AIさんも歌を歌っていただきましたけど、渋くて良かったですね。味わい深い歌声でしたよ」と振り返り、「“好きな学科の勉強を”と伝えました。苦手な勉強を頑張りましょうというのは大変です。好きな勉強をまずやろうというのが大事だと思うんですね。なんでも得意なことが一つあるというのは強みだと思いますよ。何か極めることができれば生きていくことができますから」とメッセージについて明かした。

 第3弾ゲストで元プロレスラーの高田は、ジェスチャーゲームでまさかの大興奮。AIさんの腕を折ってしまうハプニングにスタジオ騒然!? 高田はこのハプニングについて「器物破損しちゃったね!ジェスチャーゲームに集中しすぎちゃって。いかんせんボディパワーが強すぎたものだから、AIさん、本当に申し訳ない」と語った。

 さらに、第4弾ゲストのみちょぱは今回の出演について、「子供番組に初出演です。なかなか子供番組の出演の話は回ってもこないもんですね(笑)。もっと大人の方から見たら、私も全然子供だと思うんですけど、あの子たちと比べると、私は大人なんだなと思いましたね」と話した。

 子供たちに向けては「“じゃじゃじゃ”と“じゃ~ン”はとても良い子なので大丈夫だとは思いますが、中2の夏は要注意です。私もその頃にグレ始めたものですから。グレるなら早めがいい、そして“親を大事にしよう”と伝えました」とみちょぱならではのメッセージを伝えた。

 ◆スペシャルゲスト出演予定日

 11月10日:小島よしお

 11月17日:加藤一二三

 11月24日:高田延彦

 12月1日:みちょぱ(池田美優)

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請