【藤原義雄の南紀直送便】これからグレ一色!早合わせで釣果伸ばせ

 南紀の秋磯が開幕してから約一か月が経過し、いよいよグレ釣りシーズン本番にさしかかってきた。これまでの各地区の状況を振り返ってみよう。

 10月初旬、海水温はまだ27度。普通ならコッパグレや餌取りが乱舞する水温だが、日置川(河口)では30~40センチがよく釣れて40センチオーバーも上がっていた。

 10月中旬になっても海水温は25~26度とまだ高め。各地区で30センチ超えの口太グレがポツポツ釣れ出し、中でも好調だったのが串本地区では袋のモムシとモムシの子、串本大島・樫野のカツオ島周り。見老津ではエビスとゲタ。すさみのカツオ島とエビ島もよかった。

 10月下旬には朝夕めっきり寒くなり、海水温も23度前後になった。こうなると各地区から口太グレの便りが届くようになり、日置川では河口だけでなく沖磯でも釣れ始めた。すさみも多くの磯が上昇ムード。串本地区は和深の双子、安指のアジロとスズシマではシマアジ交じりで好釣果。袋はモムシ、モムシの子、ヒラバエ、一の島、一の島のコジ、串本大島・樫野はカツオ島周りから内磯、那智勝浦は山成などで調子がいい。これから海水温が20~21度になる頃、南紀の磯はグレ一色になるだろう。

 この時期のタナは極端に浅くなることが多い。釣りやすいのだが、何匹か釣ると食わなくなる。と言うか、食ってはいるのだがウキに当たりが出ないことがよくある。なぜなら、グレが極端に浅いタナまで食い上がり、仕掛けがなじまないうちに餌を取られてしまっているからだ。でも大丈夫。タナを矢引きぐらいにしてピーンと仕掛けを張り、ウキがちょっとでも動いたら合わせを入れる。これで数匹は釣果を伸ばせるだろう。とにかく、早合わせを実行してほしい。

 ※毎月第一木曜日に掲載。

ライフ

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請