元スノボ五輪代表・国母容疑者、大麻密輸容疑で逮捕…米から国際スピード郵便で成田へ

逮捕された国母和宏容疑者
逮捕された国母和宏容疑者

 米国から国際スピード郵便で大麻を密輸したとして、関東信越厚生局麻薬取締部は6日、大麻取締法違反(営利目的輸入)の疑いで、元五輪スノーボード男子代表のプロスノーボーダー、国母和宏容疑者(31)=北海道千歳市=を逮捕した。輸入に関する事実関係を認めた上で「営利目的は違う」と一部を否認しているという。

 逮捕容疑は昨年12月ごろ、知人らと共謀し、営利目的で米国から大麻製品約57グラムを隠した国際スピード郵便を東京都内に発送し、同月31日に成田空港に到着させて密輸した疑い。

 捜査関係者によると、大麻製品は茶色の水あめ状で紙に塗りつけられていた。麻薬成分が凝縮されており、乾燥大麻と比べ約2倍の1グラム1万円以上で売買されるという。

 麻薬取締部によると、成田空港で東京税関が発見。同部が捜査し今年10月、同じ容疑で知人を逮捕し、国母容疑者の関与が浮上した。

 国母容疑者は6日午前、東京都千代田区の麻薬取締部に1人で出頭した。

 国母容疑者は北海道出身。2006年トリノ冬季五輪、10年バンクーバー冬季五輪に出場した。バンクーバーでは、ズボンを下げてはく「腰パン」を選手団の公式服装で行い、問題視された。その後の会見で「ちっ、うるせーな」「反省してま~す」と人を食ったような態度を見せ批判を浴びた。

 現在は米国を拠点にテレビ出演やスノーボード競技の支援をしていたという。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請