神田松之丞、シュワちゃんの“前座”を務め笑顔…映画「ターミネーター」レッドカーペット

映画「ターミネーター ニュー・フェイト」のジャパンプレミアで歌舞伎町のレッドカーペットを歩いた神田松之丞
映画「ターミネーター ニュー・フェイト」のジャパンプレミアで歌舞伎町のレッドカーペットを歩いた神田松之丞

 講談師・神田松之丞(36)が6日、東京・新宿の歌舞伎町で行われた映画「ターミネーター ニュー・フェイト」(8日公開)のジャパンプレミアに出席した。

 同作の公開に合わせて「ターミネーター講談」を作成した松之丞は黒紋付きの正装でレッドカーペットをかっ歩した。司会者から「見ましたよ。講談、格好良かったですね。バチで“ダダン、ダン、ダダン”って」と褒められると「(バチでなく)張り扇でやるところですね」としっかりと訂正。「講談で(アニメの)ワンピースもやりましたけど、講談は映画、漫画と相性がいい。色んな方に知っていただいて。講談の宣伝にもなりました」と話した。

 主演のアーノルド・シュワルツェネッガー(72)ら出演俳優に先んじて、真っ先に登場した松之丞は「ファンの人は素晴らしい。僕に見向きもしない」とやや毒づきながらも、ファンに「アイル・ビー!」と呼びかけ「バック!」のレスポンスをもらい、にんまり。

 最もチケットの取れない講談師としてブレーク中で、来年2月には大名跡・6代目・神田伯山を襲名して真打ち昇進が決まっている松之丞が、見事に“前座”を勤め上げていた。

芸能

宝塚歌劇特集

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請