【ロッテ】佐々木に朗報! 順大と医療サポート提携、24時間体制で最先端

スポーツ報知
ドラフト1位指名の大船渡高・佐々木朗希

 ロッテが2020年から順大医学部付属医院、付属浦安病院と医療サポート提携することが5日、明らかになった。これまでチームトレーナー主導で選手をサポートしていたが、同大の医療スタッフ指導の下で医学的な側面から選手をバックアップすることが可能となる。

 ドラフト1位指名の大船渡高・佐々木朗希投手(18)にとっても朗報だ。整形外科、コンディショニング、栄養管理などを中心に各分野の名医たちがチームドクターとして管理体制を整え、年5回のメディカルチェックを義務化。血液、唾液検査を通しての健康管理も行う。また、万が一けがを負った場合も、24時間体制で最先端医療を駆使してリハビリプランが作り出される。

 ルーキーたちは1月の合同自主トレ期間中にMRI検査や骨密度検査も同病院施設で行う予定で、骨や筋肉の成長過程を正確に把握した上で、年間のウェートトレーニングメニューを作成することになるという。佐々木は細部にわたるコンディショニングチェックのため、ブルペン入りはさせない方針で、まずは力量分析が優先事項となりそうだ。怪物右腕は“追い風”を受けてどんな成長曲線を描くか。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×