清野菜名&横浜流星、「飼育員さん」でダブル主演…来年1月期日テレ系ドラマ

来年1月期の日テレ系ドラマでダブル主演する清野菜名と横浜流星
来年1月期の日テレ系ドラマでダブル主演する清野菜名と横浜流星

 女優の清野菜名(25)と俳優の横浜流星(23)が、来年1月スタートの日本テレビ系連続ドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」(日曜・後10時半)にダブル主演する。

 読売テレビが制作を担当するオリジナルドラマで、パワハラや組織の不正など、うやむやに終わったグレーな問題に白黒つける「パンダ&飼育員」コンビの活躍を描く。

 驚異的な身体能力を持つ謎の女・ミスパンダを演じる清野は「(同枠の)『今日から俺は!』以来、約1年ぶりにまた、この時間帯に戻ってこられてうれしいです。オリジナルドラマなので枠にとらわれず、皆さんとこれまでにないようなドラマを作っていけたら」とコメント。「また今回も、アクションがみられるかも…」と活躍を予告した。

 ミスパンダを操る「飼育員さん」役の横浜は、同作が連ドラ初主演。今夏、高視聴率を獲得した同枠の「あなたの番です」での好演の記憶も新しいが「『あなたの番です』に引き続き、今の時代だからこそ共感してもらえる挑戦的な作品に出演できることをうれしく思います」と受け止めており「制作の皆さん、キャストの皆さんと共にゼロから、視聴者の皆さまがスカッとして、ハラハラドキドキするような作品を作りたいです」と意欲を見せた。

 アクション女優と名高い清野だけでなく、横浜も極真空手の有段者。アクション競演にも注目が集まりそうだ。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請